旅行

日本政府は、2020年6月19日(金)に、日本国内の移動制限を解除しました。日本国内の旅行は、現在制限されていません。日本国内の県をまたぐ移動の自粛は解除されています。海外に渡航した外国人のほとんどは、日本への再入国を拒否されており、海外への渡航は依然として厳しく制限されています。

通常の国内出張の予約および承認プロセスに従ってください。

希望すれば、個人的またはレジャー目的でも日本国内を旅行できます。個人的な国内旅行についてマネージャーに通知する必要はありません。沖縄県の一部の離島は医療体制が脆弱であり、引き続き来島自粛を求めているところもあることから、渡航先の受け入れ状況等を各離島市町村のHP等でご確認のうえ、渡航の是非について適切にご判断頂きますようお願いします。

同世帯の家族が旅行から戻った場合、OISTの教職員・学生は、家族が戻って1日目からキャンパスへの入構が可能で、4日目、6日目、10日目にPCR検査を受けることができます。家族に新型コロナウイルスに関連する症状が出た場合は、OIST教職員・学生はヘルスセンターに連絡してください。

重要:自身に新型コロナウイルスに関連する症状が出た場合は、出勤せず、傷病休暇を取得して自宅にいてください。電話またはメールでOISTヘルスセンターに連絡して、取るべき行動についてアドバイスをもらってください。

個人的な緊急の海外渡航

日本のパスポートをお持ちの方のみ、当面の間、日本への無制限の入国・再入国が許可されています。現在、ほとんどの国籍の方が日本への入国を拒否されています。現在、居住者は再入国許可証があれば再入国が許可されており、渡航後1ヶ月以内に申請しなければなりません。その他の制限事項については、今回の更新情報で説明しています。