メディアリレーション スペシャリスト

急速な成長を遂げている科学技術系大学院大学のメディアリレーションチームで働きませんか?沖縄に暮らし、世界50カ国以上人々が集まる多文化の大学コミュニティで、未来を一緒に築きましょう。沖縄科学技術大学院(OIST:www.oist.jp を参照)は、沖縄県にある、革新的モデルを目指す科学技術に特化した大学院大学です。85ヘクタールの敷地に広がる大自然の中に設立され、美しい海岸とサンゴ礁を見下ろす場所に位置します。キャンパスは建築学的観点から見ても印象的なこだわりが施され、その自然の中にある大学施設を際立たせています(OIST campus video tour)。学部の壁を作らないことで、学際的な研究成果を生み出せる環境を提供し、また学内の誰もが、最高水準のリソースへのアクセスと研究機器の利用が可能で、共同研究に生かせるような仕組みを整えています。学内では英語を公用語とし、50ヵ国以上から集まる研究者コミュニティは真の国際性を保持しています。OISTは、教育および研究における卓越したモデルとして、世界の学術界からの認知度が急速に高まっています。

メディアリレーションスペシャリストは、メディア連携セクションのマネジャーのもと、OISTにおけるメディア向けの窓口としての役割を担います。メディアからの問い合わせへの対応、インタビューのアレンジ、メディア報道のモニタリング及びレポート、記者会見やプレスブリーフィングの企画運営、ジャーナリストを始め、その他の外部・内部の関係者との良好な関係の構築など、報道に関わるあらゆる事項を担当します。また、主担当ではありませんが、プレスリリースやウェブニュースの執筆・編集、ソーシャルメディアへの投稿、コミュニケーション・PR部門内のプロジェクト管理などをすることもできます。

Location 

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1

Responsibilities 

1. メディアリレーション
国内外の報道機関、学術界、産業界等におけるOISTの認知度を高めるために、こうしたターゲットに対するコミュニケーション活動を積極的に行います。沖縄県内外で記者会見や記者説明会を開催したり、積極的に記者を招いてOISTキャンパスにおける取材や撮影の調整等をすることが重要な活動となります。メディアリレーションスペシャリストは、メディア連携セクションのマネジャーとともに、これらの報道にまつわるあらゆる活動を担当します。

2. 執筆及び編集
OISTは英語を公用語としていますが、日々の活動は英語と日本語の両方で行われています。メディアリレーションスペシャリストの重要な役割は、ニュースをタイムリーかつ効果的に伝えられるように、サイエンスライターによって書かれ、翻訳家によって翻訳された英語と日本語のプレスリリースを編集、精査することが含まれます。また、出版物やウェブコンテンツ、その他のコミュニケーションコンテンツを英語と日本語で執筆・制作・編集します。

3. 関係構築
メディアリレーションスペシャリストは、ジャーナリスト、インフルエンサー、企業や学術関係者、政府関係者、慈善家、さらにはOISTの幹部、教員、研究者、学生、事務スタッフなどと密接に連携します。これらのステークホルダーを巻き込むことが、このポジションで成功するための鍵となります。

4. レポーティング及び戦略
メディア・リレーションズとコンテンツ制作の結果として生まれるメディア報道をモニター、分析、報告することもメディアリレーションスペシャリストの重要な仕事です。レポーティングには、細部へのこだわりと、戦略的な思考が求められます。また、メディア連携セクションの戦略にアイデアや意見を提供します。

5. その他プロジェクト
メディア連携セクションは、パンフレット、ワークショップ、フェローシップなど、いくつかのプロジェクトを行っています。大学の発展に伴い、今後も様々な新規プロジェクトを立ち上げていく予定です。こうしたプロジェクトにおいて、英語及び日本語で企画書や仕様書を作成し、業者や学内の他部署との連携を取る必要があります。また、プロジェクトのスケジュール管理やプログラムの作成、プロジェクトに関連する文書の編集など、細部にまで気を配る必要があります。メディアリレーションスペシャリストとしてこうした業務も担当していただきます。

(特筆事項)
メディアリレーションスペシャリストは、OISTで行われている研究、幅広い教育活動やその他の活動について習得することに専念する必要があります。特にジャーナリストらとの長期的な信頼関係を築くためには、学内のニュース価値のある情報を汲み取って提供して取材につなげるために、報道機関のニーズやターゲットを理解することが求められます。記者やインフルエンサーとの良好な関係構築と恒常的な接触をしていただきます。
英語での文書作成は、ネイティブスピーカーおよび翻訳家からのサポートが受けられます。

Qualifications 

(必須)

  • ジャーナリズムまたはコミュニケーションの学士号、または同等の実務経験
  • 3 - 5年程度の日本の機関での勤務経験、または同等の実務経験
  • 日本語および英語でのライティング、編集、プルーフリーディングに精通していること
  • 日本語と英語両方での高い言語コミュニケーション能力
  • 優れた対人能力を持ち、多様な人々と効果的にコミュニケーションをとることができること

(尚可)

  • 理工系学位
  • 研究・教育機関での実務経験
  • ジャーナリスト、プレスオフィサー、プレスアシスタントとしての実務経験
  • 戦略的思考

Report to 

メディア連携セクションマネジャー

Starting Date 

出来るだけ早期

Term & Working Hours 

常勤、3ヶ月の試用期間を含む2年間の任期制雇用(更新可)

フレックス制 (コアタイム10:00-15:00)実働7.5時間×月間労働日数

Compensation & Benefits 

本学園の規程に基づき経験・能力に応じて支給する

・赴任手当、住宅手当、通勤手当

・年次有給休暇、夏季休暇、

・私学共済 (http://www.shigakukyosai.jp/

How To Apply 

こちら*より応募書類を添付してください。
*機密情報を取り扱う為のセキュアなファイル送信システムです。
※この求人広告を最初に見た場所を必ず明記してください。

または、recruiting#oist.jp宛てにご連絡ください。
(メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)

または、封筒に「応募職種」を記載し、以下の住所に郵送で提出して下さい:
〒904-0495 沖縄県恩納村字谷茶1919-1
(学校法人)沖縄科学技術大学院大学学園
人事 採用セクション

こちらの求人に関するお問い合わせはrecruiting#oist.jp宛てにご連絡ください。
(メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)

Submission Documents 

  • カバーレター(和文及び英文
  • 履歴書及び職務経歴書(和文及び英文

※ 採用情報を最初にどこでご覧になったか記載してください。
※ 最終面接前にレファレンス(3名の氏名および連絡先)の提出をお願いする可能性がございます。
※ 本学では勤務開始前にバックグラウンドチェックを行います。
  内々定の受諾後、以前の勤務先情報や学歴を含むいくつかの個人情報を本学の業務代行会社へ提出いただきます。

Application Due Date 

定員に達し次第終了。適任者を決定するまで継続します。

Declaration 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。

応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。登録された個人情報は、採用選考目的でのみ使用します。
個人情報保護に関する基本方針について

兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。(https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure

詳細は本学園のホームページ参照(http://www.oist.jp