HPC and Research Computing Engineer

沖縄科学技術大学院(OIST:www.oist.jpを参照)は、沖縄県にある、革新的モデルを目指す科学技術に特化した大学院大学です。本学は、85ヘクタールの敷地に広がる大自然の中に設立され、美しい海岸とサンゴ礁を見下ろす場所に位置します。キャンパスは建築学的観点から見ても印象的なこだわりが施され、その自然の中にある大学施設を際立たせています(OIST campus video tour)。学部の壁を作らないことで、学際的な研究成果を生み出せる環境を提供し、学内の誰もが、最高水準のリソースへのアクセスと研究機器の利用が可能で、共同研究に生かせるような仕組みを整えています。学内では英語を公用語とし、50ヵ国以上から集まる研究者コミュニティは真の国際性を有しています。OISTは、教育および研究における卓越したモデルとして、世界の学術界からの認知度が急速に高まっています。

業務内容:
研究支援ディビジョン・科学計算及びデータ解析セクション(以下:SCDA)では、OISTの研究者や学生に向けて、HPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)クラスタの効果的な利用を推進しています。SCDAはOIST内の研究に必要な計算資源とサービスを統合的に管理し、研究で行う負荷の高い様々な計算(大規模計算、大量計算など)をサポートしています。サポートの対象となる研究分野は、生物情報学から計算物理学まで多岐にわたります。

HPCと研究用計算を支えるメンバーには、SCDAが提供する研究計算サービスをサポートして頂き、さらにそれらのサービスの増強と改善も行って頂きます。SCDAセクション・リーダーの指示のもと、OISTの計算リソースの利用をサポートして頂きますが、その内容はOISTのHPCクラスタや計算用サービスの管理運用と、一般的なシステムの管理やプログラミングなどの業務も含みます。

Location 

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1

Responsibilities 

  1. HPCの運用、計算リソースのモニタリング(死活監視、パフォーマンス等)、設定の管理、セキュリティー管理
  2. クラスタ基盤(オペレーティングシステム、スケジューラ、ストレージ、ネットワーク等)の構築にかかるインストール作業、設定管理、ドキュメンテーション
  3. ハードウェアの管理運用、障害対応、ファームウェアやソフトウェアのアップデート
  4. モニタリングツールや管理ツール等の配備と運用を行い、HPCシステムの適切な動作を保つ
  5. 関係業者が機器の保守作業を行う際には、必要に応じて協力・支援を行う
  6. 新しい技術の習得や技術開発を積極的に行い、拡大する分析要求に役立てる
  7. HPC分野のベストプラクティスを推進し続ける
  8. 意識的にかつ率直に情報をシェアすることで、信頼性と透明性のあるチーム文化へ貢献する
  9. その他の関連作業についても、セクションリーダーから頼まれたり、与えられた場合には対応する

Qualifications 

(必須)

  1. コンピューターサイエンス、コンピューター情報システムなどの関係のある分野の学士を有すること。もしくは、それと同等の資格、教育、経験を有すること
  2. Linux/Unix系の計算環境にて3年以上のシステム管理・運用経験を有すること
  3. 日本語または英語、いずれかの言語で、口頭と書面での十分なコミュニケーション能力を有すること(※日本語が母国語の方は、TOEIC R&W スコア 600以上もしくは同等の英語力)
  4. チームメンバーとポジティブな人間関係と調和を築く能力
  5. 問題を特定し解決する能力
  6. 新しい技術、コンセプト、手法などを学び仕事に活かす能力
  7. スクリプト言語やShellコマンドの十分な経験(Bash、Perl、Ruby、Pythonなど)
  8. Git、SVN、CVSなど(Git推奨)のバージョン管理ツールを日常的に利用していること

(尚可)

  1. セキュアなLinux/Unix系HPC環境の管理、監視、および運用の経験
  2. 自動化やコンフィグレーション管理ツールの経験 (Puppet, Ansible, Chef, Salt, Cobbler, Kickstartなど)
  3. HPCスケジューラ及びクラスターマネジメントツール(SLURM、PBS、Torque/Mauiなど)の経験
  4. コンテナ技術の経験 (Singularity, Docker, Enrootなど)
  5. メモリ分散型・共有型の並列計算 (OpenMP, MPI) およびアクセラレータ(GPUや FPGAなど)についての知識
  6. HPC並列ストレージシステム(Lustre, GPFS, NFS, ZFS, TSM, Isilon, etc.)や高速な計算ノードストレージ(SSD, NVMEなど)についての経験
  7. OOB(Out-of-Band)のシステム管理ツール(BMC, IPMI, iDrac, iLOなど)の経験
  8. クラスターシステムの物理的なインストール経験(ラッキング、ケーブリング、パーツ交換など)
  9. ネットワーキングの概念についての十分な理解 (TCP/IP、ルーティング、ファイアウォールなど)

Report to 

科学計算・データ解析セクションリーダー

Starting Date 

できるだけ早期に

Term & Working Hours 

常勤、3ヶ月の試用期間を含む2年間の任期制雇用(更新可)

フレックス制 (コアタイム10:00-15:00)実働7.5時間×月間労働日数

Compensation & Benefits 

本学園の規程に基づき経験・能力に応じて支給する

How To Apply 

こちら*より応募書類を添付してください。
*機密情報を取り扱う為のセキュアなファイル送信システムです。
※この求人広告を最初に見た場所を必ず明記してください。

または、recruiting#oist.jp宛てにご連絡ください。
(メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)

Submission Documents 

  • カバーレター(和文もしくは英文)
  • 履歴書及び職務経歴書(和文もしくは英文)
  • レファレンス(3~5名の氏名および連絡先、そのうち1名は前職の上長であること)

※ 採用情報を最初にどこでご覧になったか記載してください。

Application Due Date 

2022/6/30(書類を受領次第、選考を開始し定員に達し次第終了)

Declaration 

  • 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。
  • 応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。登録された個人情報は、採用選考目的でのみ使用します。
  • 個人情報保護に関する基本方針について
  • 兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。(https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure/
  • 詳細は本学園のホームページ参照(http://www.oist.jp/