量子物質科学ユニット ポストドクトラルスカラー

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、科学技術に関する教育研究の新しいモデルとなることを目指し、2011年に創設された大学院大学です。沖縄の美しい自然に囲まれたキャンパスには、世界中から最優秀の学生が集い、国際的にもトップクラスの教授陣から懇切な指導を受けながら、最先端の施設で各々の研究に取り組んでいます。OISTが特に重視するのは学際的なアプローチです。創造力が培われ、研究者同士の交流が促される環境を創出し、個々の学生に合わせたユニークな博士課程プログラムを提供しています。OISTは単一の研究科・専攻のみを設け、分野の壁がなく、世界各国から教員や学生が集まる国際色豊かな大学です。現在、神経科学、分子科学、数学・計算科学、環境・生態学、物理科学の分野を中心に、国内外の優れた頭脳が沖縄に集結しています。ここ沖縄の地から世界に向けて、これまでにない新しいサイエンス、そして教育の在り方を発信していきます。

 

ユニット概要:

量子物質科学ユニットでは、ディラック電子物質、超伝導物質、2次元層状物質、強相関物質などの興味深い物質に着眼し、次世代ナノデバイスの基盤となるような新しい物理現象を探求しています。量子状態の直接イメージングを可能にする先端分光と物質合成をフィードバックさせながらフットワーク良く研究を進められることが本ユニットでの楽しいところであり、強みでもあります。

Location 

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1

Responsibilities 

量子物質科学ユニットでは、磁性金属、トポロジカル絶縁体、超伝導体、熱電物質などにおける新奇物性の開拓を目指しています。結晶合成にはじまり、輸送特性評価や電子状態計測に至る実験アプローチを臨機応変に駆使しながら物性研究を推進していきます。新研究棟の低振動フロアでの実験にあたり、以下の適任者を募集いたします。

Qualifications 

必須:博士号取得者

低温・超高真空下における走査トンネル顕微分光か光電子分光

を基軸とした十分な経験と実績を有する方を募集いたします。また、電子状態計測の結果をラボ内で迅速に試料合成にフィードバックできることに意義と楽しさを感じていただける方であり、エピタキシャル薄膜やバルク単結晶の合成と新奇物性の開拓の経験(もしくは、着任中における習得に意欲)もあることが望ましいです。

さらに、様々なバックグラウンドを持つ国際色豊かなメンバーと共に研究を遂行することに意義を感じ、ユニット内のメンバーと英語で建設的なコミュニケーションができる必要があります。

 

Report to 

Dr. Yoshinori Okada, Assistant Professor Quantum Materials Science Unit

Starting Date 

できるだけ早期

Term & Working Hours 

任期:最長3年間(1年毎更新)の任期制雇用

勤務時間:9:00-17:30 (裁量制)

Compensation & Benefits 

本学園の規程に基づき経験・能力に応じて支給する
 

赴任手当、住宅手当、通勤手当
年次有給休暇、夏季休暇、
私学共済 (http://www.shigakukyosai.jp/

How To Apply 

下記電子メールアドレス宛送信すること

yoshinori.okada#oist.jp

 (メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)

Submission Documents 

1. カバーレター(和文及び英文)
2. 履歴書及び職務経歴書(和文及び英文)
3. 照会先3名の氏名・連絡先(内一名は前職の上長であること)

※採用情報を最初にどこでご覧になったか記載してください。

Application Due Date 

定員に達し次第終了

Declaration 

  • 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。
  • 応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。登録された個人情報は、採用選考目的でのみ使用します。
    個人情報保護に関する基本方針について
  • 兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。(https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure/
  • 詳細は本学園のホームページ参照(http://www.oist.jp/