量子情報物理実験ユニット 博士研究員

沖縄科学技術大学院(OIST:www.oist.jpを参照)は、沖縄県にある、革新的モデルを目指す科学技術に特化した大学院大学です。本学は、85ヘクタールの敷地に広がる大自然の中に設立され、美しい海岸とサンゴ礁を見下ろす場所に位置します。キャンパスは建築学的観点から見ても印象的なこだわりが施され、その自然の中にある大学施設を際立たせています(OIST campus video tour)。学部の壁を作らないことで、学際的な研究成果を生み出せる環境を提供し、また学内の誰もが、最高水準のリソースへのアクセスと研究機器の利用が可能で、共同研究に生かせるような仕組みを整えています。学内では英語を公用語とし、50ヵ国以上から集まる研究者コミュニティは真の国際性を保持しています。OISTは、教育および研究における卓越したモデルとして、世界の学術界からの認知度が急速に高まっています。

職務概要

沖縄科学技術大学院大学の量子情報物理実験ユニットでは博士研究員を募集しています。新しく設立された当ユニットではイオントラップを用いた量子物理学の研究を、量子技術への応用を念頭に進めています。イオントラップや原子物理学、量子光学などの関連した分野での経験のある方からの応募を特に歓迎いたします。採用された方には、PIと協力して研究室を立ち上げつつ独創的な研究を行うことを期待します。

Location 

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1

Responsibilities 

  1. イオントラップや関連した分野で実験研究を行う。
  2. 研究結果を論文または学会発表を通して公表する。
  3. ユニットのミーティングやセミナー、活動一般に参加する。
  4. 学生の教育・指導においてPIに協力する。
  5. ユニットの研究方針と干渉しないかぎり、自身の研究を追求する。

Qualifications 

(必須)

  1. 関連分野での博士号またはその取得見込み。
  2. 英語での読み書き、論文執筆能力。英語でのコミュニケーション能力。

(尚可)

  1. AMO物理での研究の経験。

Report to 

量子情報物理実験ユニット 高橋優樹 准教授

Starting Date 

できるだけ早期。調整可。

Term & Working Hours 

常勤。任期1年。実績により最大3年まで延長可。3ヶ月間の試用期間を含む。裁量制。

Compensation & Benefits 

年棒はPh. D取得後からの年数により決定されます。取得後0年約440万円より。毎年昇給あり。

Ph. D取得後5年以上の経験があり、際立った能力が認められる方には、Staff Scientistとしての採用を検討します。その場合の給与・手当は本学園の規程に基づき経験・能力に応じて支給します。

  • 赴任手当、住宅手当(家賃の80%、月額上限6万円)、通勤手当
  • 年次有給休暇、夏季休暇、
  • 私学共済 (http://www.shigakukyosai.jp/

How To Apply 

応募書類を下記のメールアドレス宛にお送りください:

hiroki.takahashi[at]oist.jp

(メール送信の際は[at]を@に置き換えて下さい)

Submission Documents 

  • 志望動機、研究の興味、将来への抱負等を記述したカバーレター(和文または英文)
  • 論文リストを含む履歴書及び職務経歴書(和文または英文)
  • 照会先(2名以上)の氏名・連絡先(内一名は直近の上長であること)

       *採用情報を最初にどこでご覧になったか記載してください。

Application Due Date 

採用者が決まり次第 *応募者はオンライン(または適当であればOISTオンサイト)でのPIによる面接に参加していただく可能性があります。

Declaration 

  • 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。
  • 応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。応募者には必ず選考結果を通知いたします。
  • 兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。

https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure/