Postdoctoral Scholar for Nucleic Acid Chemistry and Engineering Unit

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、科学技術に関する教育研究の新しいモデルとなることを目指し、2011年に創設された大学院大学です。沖縄の美しい自然に囲まれたキャンパスには、世界中から最優秀の学生が集い、国際的にもトップクラスの教授陣から懇切な指導を受けながら、最先端の施設で各々の研究に取り組んでいます。OISTが特に重視するのは学際的なアプローチです。創造力が培われ、研究者同士の交流が促される環境を創出し、個々の学生に合わせたユニークな博士課程プログラムを提供しています。OISTは単一の研究科・専攻のみを設け、分野の壁がなく、世界各国から教員や学生が集まる国際色豊かな大学です。現在、神経科学、分子科学、数学・計算科学、環境・生態学、物理科学の分野を中心に、国内外の優れた頭脳が沖縄に集結しています。ここ沖縄の地から世界に向けて、これまでにない新しいサイエンス、そして教育の在り方を発信していきます。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の核酸化学・工学ユニット(横林洋平准教授)において1名の博士研究員を募集します。

勤務地 

沖縄県恩納村字谷茶1919-1

業務内容 

次世代シーケンシング(NGS)を活用した核酸化学および核酸工学に関する研究。研究内容の例として:1)RNA工学による細胞や動物の制御、2)試験管内における核酸デバイス・システムの構築、3)核酸工学のための計算および実験的手法の開発、などが挙げられます。具体的なプロジェクトは研究員の経験をふまえ、相談の上決定します。さらに博士研究員は研究成果を論文や学会で発表すること、研究室の運営への寄与、および研究室内外の他研究者と共同研究・ディスカッションを行うことが求められます。(参考文献:Kobori et al., Nucleic Acid Res, 2015: 43, e85.; Kobori & Yokobayashi, Angew Chem Int Ed, 2016: 55, 10354-10357.)

応募資格 

化学もしくは生物学関連分野における博士号を持ち、基礎的な生化学・分子生物学実験技術およびNGSデータの処理と解釈に必要なプログラミング技術を有すること。研究に必要な英語によるコミュニケーション能力(ディスカッション、発表、報告書など)を有すること。

受入時期 

2017年4月1日以降(応相談)

応募書類 

以下の書類(英文もしくは和文)をPDFファイルでrecruit.nace#oist.jpまで電子メールで提出(メール送信の際は#を@に置き換えて下さい)。

1. カバーレター

2. 履歴書(CV)および参考意見を聴取可能な方2名以上の連絡先

3. 現在および過去の研究内容のサマリー(上記応募資格を満たしていることがわかるもの)

提出締切り 

定員に達し次第終了。適任者を決定するまで継続します

免責事項 

  • 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)を採用しており、教員、学生及び職員の多様性を尊重しています。女性及びマイノリティの方々からの応募を歓迎いたします。
  • 応募書類は機密情報扱いとし、応募書類は返却されません。応募者には必ず選考結果を通知いたします。
  • 兼業に関しましては本学園の方針をご確認ください。(https://groups.oist.jp/ja/acd/information-disclosure/
  • 詳細は本学園のホームページ参照(http://www.oist.jp/

求人概要(PDF)